畳の張替えをして、和室を快適に使う

和室を快適に過ごす為には、定期的に畳替えが行われることが一般的です。畳替えとは傷んだ畳を取り替えて新しい状態にすることを指します。これをするだけで和室に敷いている畳が見事に美しく綺麗になり、和室が癒しの空間として過ごせるようになるからです。

和室に欠かすことのできない畳は、基本的に昔から使われている天然素材のい草で作られています。今は人工素材で作られている畳もありますが、い草本来の機能と役割をフル活用する為に畳替えをして大事に使う方法が昔からの習わしです。

畳替えが肝要

畳替えは単に畳を新調することを指しているのではなく、表替え、裏替えなどの作業を行って最終的に新調をする流れになります。このサイクルは3~5年の間に順番に行うようになっており、だいたい20年に1度を目安で新調するのが理想であるとされています。

もちろん、畳の状態にとって畳替えの時期を早めたり先に新調したりするケースもあります。ただ、畳のお手入れをしっかりして必要なタイミングで畳替えをしておけば、人がひとり成人するような年月まで持ってくれる代物となるでしょう。畳の扱い方を知れば、趣と寛ぎの空間である和室を作っていくことができるのです。

畳替えは下地が肝心

畳替えと同じように定期的にメンテナンスをすることが必要となるは、張替えの際に気を付けておかなければならないことがあります。それは襖自体の下地に使われているものであり、襖の張替えを行う際にはこの下地がどのタイプにあたるかで変わります。

外見だけを見たところで襖の素材を判別することは難しいですが、張替え時に和紙を外してみると組子骨、発砲材、ファンボール材、ペーパーコアー芯など色々な材質出できていることが分かります。それぞれの素材によって襖の張替え作業は異なるので、間違えないようにしておかなければなりません。

専門業者に依頼

下地に合わせて最適な襖の張替えを行う際は、専門的に請け負っている業者で依頼されることが一般的です。業者であれば、素材ごとに必要な襖の張替えの知識や技術がありますし、張替え作業も丁寧にしてくれるので美しい襖に生まれ変わります。

張替えのサインが見られた時は、業者に相談をして襖の張替えを進めるようにしておきましょう。